銀座の遠視矯正レーシック

レーシックといえば近視治療というイメージがあると思いますが、近視以外の治療はできないのでしょうか。日本ではレーシックで視力回復する人は近視の人が多くなっています。これは近視しか治療できないということではなく、視力が悪い人の中に近視の人の割合が高いというだけなのです。実際、近視の人だけでなく遠視の人でもレーシックで視力回復することは可能です。レーシックで遠視を治療するときには、角膜にエキシマレーザーを当てる際に、通常とは違う部分に照射することで屈折率の改善を図ります。けれども、レーシックで視力回復できる遠視には範囲があり、一定の範囲までの遠視でなければ手術を受けることができません。手術を受けられる範囲なのかどうかは、病院やクリニックで医師に検査をしてもらわないとはっきりしたことは言えません。遠視が強度で、治療が無理だと自分では思っている人でも、病院やクリニックで検査した結果、ぎりぎり範囲内でレーシックが受けられるという場合もあります。また、遠視の他に乱視の人でもレーシックで治療が可能です。乱視の場合もまずは病院やクリニックで検査をしてもらうと良いでしょう。遠視や乱視の治療としてレーシックを受けられる病院、クリニックは最近確実に増えていて、銀座などでも大手クリニックが見つかります。今まではメガネやコンタクトで修正するしかなかったと思われていた遠視や近視も、手術を受けることで裸眼で過ごせるようになる可能性は格段に高くなりました。遠視だから、乱視だからと諦めず、一度専門医に相談してみることをお勧めします。

美容整形 大宮

天神 レーシック

レーシック 札幌

レーシック 愛知